本サイトでは、ビジンプロ®錠を服用される患者さんやそのご家族の方々へ、
服用方法や副作用などに関する情報を提供しています。

トップ > 副作用について > 注意が必要な副作用-口内炎

注意が必要な副作用

以下の副作用にご注意ください。

口内炎

口腔内こうくうないの保湿機能が弱まり、刺激に敏感な状態になっています。口の中が腫れたり、しみて痛んだりすることがあります。

主な症状

口の中の腫れ物、ただれ、痛み、のどに違和感がある、飲み込むとき痛む

主な症状

治療

痛み止め、ステロイド剤(塗り薬)などがあります。担当医の指示に従って、使用してください。

日常生活での対策

口腔ケア

ビジンプロによる治療中は、口腔内が刺激に敏感になるため、口腔ケアが大切です。肺炎などの合併症予防にもつながります。

歯みがき
  • ●朝、昼、晩の食後、寝る前の1日4回歯みがきをしましょう。
  • ●やわらかく、小さめの歯ブラシを使いましょう。
  • ●痛みがあるときは、スポンジブラシの使用がおすすめです。
  • ●義歯(入れ歯)は、食事のたびに洗い、清潔に保ちましょう。
うがい
  • ●痛みが強いときはうがいをしましょう。
  • ●口腔内の乾燥がある場合は、こまめにうがいをし、低刺激の保湿剤を使って、口の中を保湿しましょう。

食事

  • ●刺激の少ない食べ物を選び、やわらかく煮るなど食べやすくして食べましょう。
  • ●熱いものは、冷ますようにしましょう。

食事

歯科の受診

●口内炎の原因となる虫歯や歯周病がある場合は、歯科で治療を行いましょう。

歯科医の受診

こんなときは担当医にすぐ連絡を

  • 治療を行っても、症状が改善しない。
  • 口内炎によって、生活に支障が出ている。

遠藤久美:がん看護実践ガイド 分子標的治療薬とケア. p228-242, 医学書院, 2016
佐々木常雄 他:新がん化学療法. p115 -121,照林社, 2012

眼の異常 >

ページの先頭へ